多汗症を抑えるサプリメントはコレ!

多汗症に悩んでいる皆さんへ!【多汗症におすすめサプリランキング】

人に言いづらい悩み、「多汗症」で頭を抱えていませんか。

 

  • 暑くないのに汗をかく
  • 緊張すると手汗がひどい
  • 書類をダメにするほど手汗をかく
  • 靴下がびちゃびちゃになる
  • 日中に蒸れて足の臭いが気になる
  • 脇汗が多くシミや臭いが気になる

 

全身から多量の汗をかくパターンと、手のひらや足の裏、脇の下だけと局所的に汗をかくパターンがあります。

 

どちらにしても、多汗症は日常生活に不自由さを与え、困るものです。人目も気になりますし、どうにかしたい悩みですよね!

 

まず、多汗症になる原因を知りたいですね。

 

いくつか原因が考えられています。

 

  • 精神的ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 生活習慣の乱れ

 

体質的な要因もありますが上記の原因が考えられるため、ストレスケアやホルモンバランスを整える、生活習慣の改善といった対策によって、多汗症の改善につながります。

 

とはいえ、そう簡単なことではありません。なるべく効果的にケアしたい多汗症に悩む皆さんに、「サプリメント」をご紹介します。

 

有効成分が体の中から、多汗症の症状にアプローチ。ストレスに良い成分などを摂ることにより、内側から多汗症の改善へ!

多汗症対策にピッタリ!サプリランキング ベスト3

あせしらず

おすすめポイント!

心強いネーミング!それは名前負けしない!

 

汗に悩むお客様の声を聞き、汗のスペシャリストが開発したサプリがこちら。

 

『あせしらず』は、汗をかきやすくなる原因に適した成分が配合されています。

 

たとえばカリウム不足対策に「夏野菜(とまと、なす、きゅうりなど)のカリウム、女性ホルモンの乱れに働く「プエラリアミリフィカ(大豆の40倍の成分量!)」、リラックスに効く「GABA」も配合しています。各種成分が、汗をかく原因にアプローチし、多汗症対策へ。

 

また、汗をかくことでにおいも気になりますが、そこにも対応。消臭効果に優れた「柿渋エキス」もプラスしているので、汗も臭いも、どちらも解消を助けます。

 

国内工場で製造するといった安全性も兼ねています。

 

価格 3,700円
成分 カリウム、プエラリアミリフィカ、GABA(ギャバ)、柿渋エキス

 

公式サイトへ

シトラスムース

おすすめポイント!

余計な添加物は不使用!汗が気になる方に。

 

『シトラスムース』は、汗の原因である乱れた汗サイクル、緊張、女性ホルモンの乱れに着目し、成分をブレンドしています。

 

体の熱を逃して水分バランスを整える「コーンシルク、カリウム」に、緊張にいいリラックス成分「GABA(ギャバ)」、さらに女性の味方になる「プエラリア、大豆イソフラボン、ブラックコホシュ」を配合しています。これらの成分が、さまざまな原因に働きかけ、汗対策に。

 

さらに「シャンピニオンエキス、カテキン、柿渋」と、気になる臭いのシャットアウトに嬉しい成分も複数配合されているので、汗をかいたあとの体臭対策にも!

 

価格 1,980円
成分 コーンシルク、カリウム、GABA(ギャバ)

 

公式サイトへ

アセッパー

おすすめポイント!

汗・汗代謝を考えてこだわって作られたサプリメントがこちら。

 

『アセッパー』では、汗と代謝の関係にこだわって作られています。

 

4種のポリフェノール+4種の消臭エキスが、身体の中から気になるトラブルに働きかけます。

 

品質にもこだわり、品質の高い野菜・果物の栄養素を濃縮!だから、副作用の心配がなく、継続して利用していくと体内の代謝改善になります。

 

価格 4,800円
成分 4種のポリフェノール、4種の消臭エキス

 

公式サイトへ

大量の汗は更年期障害のせい?それとも多汗症?

誰しもが通るといっても過言ではない「更年期」。

 

とくに女性は、ホルモンバランスの関係上、閉経の前後10年は更年期にあたります。

 

現在では、男性でも更年期があるともいわれています。

 

更年期障害には、さまざまな症状があります。「ホットフラッシュ、ほてり、動悸、だるさ、イライラ、不安感、憂うつ、気分の浮き沈み」などなど。

 

そして、「発汗」も、多くの方が訴える更年期障害のぢ亜表的な症状といえます。

 

年齢的に更年期に合い、汗が多量に出ている場合、更年期障害なのか、多汗症なのか、分かりづらいかもしれません。

 

そもそも、更年期障害で発汗が増えるのはなぜでしょうか。その理由はずばり、女性ホルモンに関係しています。

 

女性ホルモンには「プロゲステロン」と「エストロゲン」という種類があり、この分泌量が変動することによって、さまざまな不調、症状につながります。

 

ホルモンバランスが崩れたときに交感神経は優位になり、さらに自律神経も乱れてしまいます。

 

自律神経には、体温調節の役割があることから、更年期になると女性ホルモンの影響によって、発汗しやすくなります

 

では、更年期障害による発汗かそれ以外か、多汗症化を見分けることはできるのでしょうか。

 

実は、更年期障害による発汗には特徴がいくつかあります。

 

たとえば、下記のものが挙げられます。

  • 上半身に汗をかきやすい(顔、首、胸にかきやすい)
  • 汗がベタベタしている
  • 寝汗がひどい
  • のぼせ・ほてりの症状も伴う
  • 汗をかくのに冷え性もある

 

また、年齢的に更年期にあたり、突然汗が増えたという場合は更年期の可能性が高いです。

 

更年期に起こる発汗については、改善したい場合、婦人科での治療や女性ホルモンのバランスを整えるケアで改善させることができます。あまりにつらいときには、一度、婦人科で相談してみてください。また、更年期が過ぎると落ち着きます。

 

一方で多汗症の場合、年齢は関係ありません。子どものころから多汗症、思春期になり汗が多量に出やすくなったなどの例もあるようです。

 

また、「精神多汗症」といって、精神的要因からケースもあり、これについては更年期の場合にもみられ、対処法としては精神安定剤などが処方されることもあります。

 

この場合、汗をとめるアプローチより、精神面をケアする方が効果的に症状の改善になります。

そもそも多汗症とは?

多汗症とは、文字通り汗を多量にかく症状のことです。

 

たとえば、運動をしたあとは汗をたくさんかきますが、これは多汗症ではありません。

 

多汗症は病気であり、単なる汗っかきとは違います。

 

まず、汗が出る分泌腺の汗腺には、「エクリン線」と「アポクリン線」という2種類の汗腺があります。前者のエクリン線から、汗が多量に分泌されている状態が多汗症にあたります。

 

体質的な要素もありますし、精神要因、ホルモンバランスの乱れなど、原因は特定のひとつではありません。

 

多汗症にもタイプがあり、全身から汗が噴き出す「全身多汗症」と、身体の一部特定の部位だけ多量に汗が出る「局所多汗症」に分類されます。

 

全身から異常に汗をかく人もいらっしゃいますし、脇はかかないのに手汗だけがひどいというケースもあります。汗の出方には個人差がありますが、とにかく汗の量が異常であることは共通します。

 

あるケースでは、足の裏の多汗症で靴下がびしょびしょになる、靴もだめになる、裸足でいると汗ですべってしまうというような状態もあります。

 

尋常ではない汗、暑くもないのに大量にかく汗に悩んでいる方、それが多汗症かもしれません。一度、専門医に相談し判断を仰ぐことは、正しい診断につながるでしょう。

多汗症と同じ精神面が影響する「睡眠障害」

ストレス社会・多忙な現代人の多くが、睡眠障害を抱えている現状。

 

寝つきが悪い、熟睡できない、すぐ目が覚める、深夜に頻繁に起きてしまう、、、

 

このような睡眠障害は、自律神経障害の一種です。

 

多汗症も自律神経の乱れが間接的な一要因とも考えられます。

 

睡眠障害を起こしたとき、無理は禁物です。そこから心身のバランスが乱れ、うつ病など精神疾患につながるリスクもありますから。

 

もしも睡眠時に不安が生じたら、早めに心療内科などで相談しましょう。この場合、状態にもよりますが、主に「睡眠導入剤」といった薬で治療していきます。

 

そもそも夜はリラックスした状態であるため休みやすくなりますが、自律神経が乱れているとそのサイクルが崩れて睡眠障害を起こします。

 

睡眠障害は慢性化するほどに、疲労感やストレス、憂鬱感と、症状が広まっていくので、薬を利用する手段、また相談することでの不安を解消するためにも専門医のもとでの治療をおすすめします

 

睡眠導入剤はどこか依存性が高い、強いといったイメージがあります。

 

しかし薬には多種類あり、依存性の少ないもの、比較的弱いものもあり、医師の診断のもとで処方されますし、その際に不安点を相談して意思疎通をとることで、自分に合ったお薬が利用できると思います。

 

そして、薬は突然やめると身体によくないため、医師と相談しながら減らしていき、断薬を目指します。一生付き合うものではありませんから、気を楽に、まずは専門の病院を受診してみましょう。

 

ちなみに、睡眠導入剤も薬ですので副作用のリスクはあります。

 

倦怠感、頭痛、眠気、ふらつきといった症状が出たら、早めに相談しましょう。

 

また、睡眠導入剤の作用時間にはいくつか種類があり、「超短期型、短期型、中期型、長期型」と分類され、入眠障害や中途覚醒など、睡眠障害の内容に応じた薬を用いて治療します。

 

なお、多汗症について、精神的要因が原因で発症することもあり、この場合も心療内科などが専門になり、安定剤などによって治療する手段があります。

汗の臭いと同じく気になる「加齢臭」は改善できる?

多汗症になると汗の量だけでなく、汗の臭いも気になるものです。

 

汗の臭いに対応したデオドラント系で対策できますし、多汗症に良いサプリメントでは、消臭成分を配合しているものも多く、体内から汗と臭いの両面を同時にケアできます。

 

年齢を重ねると、「加齢臭」も気になり始める問題です。

 

「スメハラ(スメルハラスメント)」などという言葉もあり、加齢臭は自分では気づきにくく、周囲に嫌悪感を与えてしまうものです。

 

指摘されて気づきショックを受け、対策しようときれいにしても、臭いが落ちない…。

 

これが加齢臭の厄介なところかもしれませんが、加齢臭に対応した専用のグッズを活用していくと、そのつらい加齢臭の悩みもきれいさっぱりと解決へ。

 

代表的なのが、加齢臭用の「石けん」です。

 

一般的なボディーソープでは、身体をきれいにできても、必要な皮脂を洗い流してしまい、臭いの元になってしまったり、加齢臭にまで対応できないことが多いです。

 

柿渋入りなど、加齢臭に効く成分配合の石けんなら、臭いもしっかりケアできます。専用のデオドラントスプレーや、手作りのミョウバンスプレーなどもおすすめです。

 

反対に、香水などで消そうとしても、においは強烈になる一方ですのでやめましょう。口からの臭いには、ガムや口臭スプレーで対応してみましょう。

▲TOP